日本犬の遺伝病

日本犬保存会の理事の中でも、日本犬の存続に心を砕いている方がいらっしゃいます。
現在、海外でも人気がたいへん高く、繁殖もされている日本犬ですが、誤った交配方法等により、このたび紹介させて頂く様な遺伝病を発症することがあります。
それが日本国内のみならず、既に海外でも発症の報告があるという事は、日本犬という種の存続に対する重大な危機です。
私たち日本人が、もっと日本犬について理解しなければ、この日本が誇る日本犬というブランドを守り育てていく事はできません。

沖縄には琉球犬という犬種がいます。
この琉球犬は大切に保護され、沖縄県から外へ出してはいけないというルールの下、種の存続が図られています。
一方で日本犬は既に海外に羽ばたいている犬です。
世界中の人に愛されている日本犬を、安全に守り続けていく方法を日本人である私たちが責任を持って学び、考えていく必要があるのではないでしょうか。

A genetic disease of Shiba dogs

Some directors of Nihon Ken Hozonkai are really concerned about the future of Japanese dogs.
Currently, Japanese dogs are very popular and being bred overseas. But, because of wrong crossing methods, genetic diseases, such as the one introduced here, sometimes occur. Since the onset of the disease has been reported not only in Japan but also overseas, it is regarded as a very significant crisis for the existence of the species of Japanese dogs.
We can’t preserve and nurture the brand of Japanese dogs, which we Japanese are proud of, unless we understand about Japanese dogs more.

There are so-called Ryukyu dogs in Okinawa Prefecture. People carefully protect Ryukyu dogs and try to conserve the species under the rule that ‘Ryukyu dogs should not be taken out of Okinawa Prefecture’.
On the other hand, some Japanese dogs are already in overseas countries now.
I believe that we should learn and think, in a responsible manner, about the ways to continue protecting Japanese dogs that are being loved by people all over the world.

Top page

お問い合わせ